363
一昨日は我が藤間流事務所に勤めてくれていて、今月半ばに亡くなった事務所員のお家に御線香を上げに行って来た
彼も癌だった
また、癌と云う病への憎しみが増したよ
亡き祖父、父の代から、僕にまで、一番辛かった時期も懸命に尽くして支えてくれた人だったからな
寂しくなる
でも、仕事の合間に時間を見付けられて、最後のお別れが出来たのはせめてもの弔いにはなるのか
今日は彼が亡くなった事を祖父母、父に報告もしがてら、鎌倉霊園にお墓参りに来ている
先々月末の藤間流大会の後、色々と忙しくて来れてなかったからさ
やっと、久し振りに来られて落ち着いた
曇り空の中、小雨がパラ付いていたけれど、こんなお墓参りも趣が有る物だな
何だか、離れ難くて小一時間、一人で墓に向かって話し掛けていたよ
さて、明日からは来月の歌舞伎座での歌舞伎公演、秀山祭の稽古だ
当分の間は歌舞伎座への出勤が続くから、巧く気分を方向転換して前向きにしないとね
| - | - | - | - | - |
361
基本的にオンラインのTVゲームはプレイしない
TVゲームって云うのは、一人でやる物だと思っているから
でも、前作の「ドラゴンズ・ドグマ・ダークアリズン」がかなり面白い内容だったので今日、発売される「ドラゴンズ・ドグマ・オンライン」は主義に反してやってみたい気持ちになるな
「アルスラーン戦記無双」は再来月に売り出されるし、「魔都紅色幽撃隊」の新作や「ソフィーのアトリエ」、「ペルソナ5」、「サモンナイト6」も気になる
「ドラゴンクエスト11」の発売が決定し「ファイナルファンタジー7」はフルリメイクされる予定らしいね
既に発売されている「ブレイドストーム」のリメイクにも興味は有るし
Nintendo3DS、Xbox360、プレイステーション3を処分しちゃって、現在は手元に残ってるゲーム機体はプレイステーションVitaだけだからな
そろそろ、プレイステーション4の買い時か
そして、時間が出来たらたまにはゲームセンターに、数年やってない「WCCF」を新ヴァージョンもプレイしに行きたい気分
ちなみに、スマートフォンのゲームには一切、興味が無い
って、持っている携帯電話がガラケーなんだから、それは当たり前か
| - | - | - | - | - |
359
今日は昼間に今月二十四、二十五日に国立劇場小劇場にて催される中村歌昇さん、中村種之助さん兄弟の勉強会、双蝶会での歌昇さんの演し物「彦山権現誓助剣」で、僕が演じる微塵弾正実は京極内匠の稽古を中村又五郎兄さんにして頂いた
ちなみに、種之助さんは新歌舞伎十八番の内「船弁慶」を上演する
時間と懐に余裕が有ったら是非、歌昇さん、種之助さん兄弟を応援しに観に来て貰いたい
その「毛谷村」の稽古は既に終了し、別の稽古で国立劇場に来ていた市川團蔵さんにも久々に逢えた
先月の怪我以来、まだ、体調が万全とまで戻り切ってはないらしいが、既に普通に歩ける程に骨折が回復していたので先ずは一安心
その驚異の回復力で、一刻も早い完治を望んで止まない
そして、今日はこの後は予定が無く、久々にのんびり
と、思っていたら、すっかり忘れていた
来週の火曜日から、毎夏恒例の藤間流の講習会を今年は鹿児島で行うのだけれど、その荷造りを全くしていなかった
今晩は友達の誕生日パーティーなので、その前に一度、帰って荷造りをせねば
鹿児島は桜島が爆発的な噴火をしそうで、火山灰と地震がかなり凄い事になってるみたいだ
ちなみに、話は変わるが、以前の日記で「ビーフジャーキーはTENGUのが美味い」と書いた
その域までは到達してないまでも、先日食べたジャック・リンクスと云うビーフジャーキーも少々甘味は有る物のなかなか美味かった
一度、皆さんも試しに食べてみて感想を聞かせて欲しいね
| - | - | - | - | - |
357
昨日は連れと六本木ヒルズで「ジュラシック・ワールド」を観て来た
シリーズ作品は「ジュラシック・パーク」、「ロストワールド/ジュラシック・パーク2」、「ジュラシック・パーク3」と、前の3作を全て観てるし、やっぱり、外せないと思ってね
観た結果、「どうやって発信器を抉り取ったの」、「あの猛烈な数だった翼竜は翌朝には何処に行ったの」とか「T・レックス、何故そんなに飼い慣らされてて、無条件に人間の味方なの」等の突っ込み所は満載だったが、小難しい事を考えずに凄く楽しめる作品に仕上がっていた
或る意味、予想通りの安定感
個人的な観所は“主演俳優のワイルドな格好良さ”
“ヒロインのダイナマイトボディ”
“兄貴のツンデレ具合い”
“コントロールルームのアジア系眼鏡君と黒人飼育係君の小さな活躍”
“余計な事する白人豚野郎の不愉快度”
“インドミナス・レックスの凶悪さと知性”
“迫力とパワーで美味しい所を持って行くモササウルス”
“夜中の森林を駆けるラプトルの群れとバイク、装甲車の競演”
“さも、プロボクシングのへヴィー級チャンピオンの如くにゲートが開くのを「今か、今か」と待ち兼ねている、王者感溢れる振る舞いのT・レックスの主人公さ加減”
この辺りが盛り上がり所だったか
当然の事ながらCGも圧倒的迫力
本当は4Dで観たかったんだけど、日本封切り直後で尚且つ夏休みで、カップルや家族連れ、子供達で満席だったので3Dにした
それでも、3Dも前日に予約したにも関わらず、満席に近くてギリギリだったけどね
兎に角、観て損は無い娯楽大作だった
これは、ブルーレイは買いだな
後は、この8月に「テッド2」は観に行きたい
| - | - | - | - | - |
356
自分より遥かに劣っていると感じる者は自分よりちょっとだけ劣っていると思え
自分よりちょっとだけ劣っていると感じる者は自分と同じ程度の技量だと思え
自分と同じ程度の技量だと感じる者は自分よりちょっと上の技量を持っていると思え
自分よりちょっと上の技量を持っていると感じる者は自分より遥かに上の技量を持っていると思え
自分を過大評価なんかするな
自分は常にそんな程度だと思って行動しろ
死んだ祖父の言葉だ
決して卑屈になる訳じゃ無い
いつでも自分をそうやって戒めろ、と云う意味
厳しいけれど、何の取り柄も無い不器用な僕はこれを自分の胸に刻み付けている
大事な言葉だ
| - | - | - | - | - |
352
いや、Kindleの存在と云うのは助かるね
僕は電子書籍の本棚としてしか使ってないけど、一回一回わざわざクラウドからダウンロードして引っ張り出して来るのが面倒な上に、膨大な量を保存してるから、零号機、初号機、弐号機、参号機と、現時点ではKindleの四台持ちをしている
まだまだ、増えそうな気もするが、それでも自室の本棚分のスペースは楽に空いたし、何より今回の様に旅公演に出ている時は、一台鞄に入れておくだけで図書館を持ち歩けてるのと或る意味では一緒だからね
待ち時間や移動時間、外に出ずにホテルに居て酒を飲んでいる時間とか、無駄にせずに済んでいる
話は変わる
僕は割と推理小説も読む
推理小説を読むと云う事は、お気に入りの探偵も数多く存在すると云う話だ
今日は僕の好きな探偵を少々、紹介して行こうと思う
今までに日記で書いた本と重なるかも知れないけど、そこは御容赦願いたい
先ずは北森鴻さんの宇佐見陶子、蓮丈那智、鴨志田鉄樹、工藤
この四人は旗師、民俗学者、バーのマスター、探偵
職種は違うがそれぞれ、何かを背負っている一癖も二癖有るキャラクター達だ
まだまだ、続きが読みたい作家さんだった
亡くなられてしまったのは実に惜しい
僕の気に入っている作品は順番に「瑠璃の契り」、「触身仏」、「親不孝通りラプソディー」、「螢坂」
続いては二階堂黎人さんの二階堂蘭子
彼女は勝ち気でありながら、尚且つ理性的な探偵である
宿敵ラビリンス編も面白い
しかし、僕は敢えてラビリンス登場以前の「人狼城の恐怖」が好きだ
元イノセントスフィアの劇団員、坂根やすしさんに勧られて読み始めた、道尾秀介さんの真備庄介、印象深かったのは「背の目」
このシリーズも続きが気になっている
三津田信三さんの刀城言耶今、一番嵌まっている探偵としても過言ではないだろう
背筋に冷たい汗をかく、独特のストーリー
僕にはそれがいい
どれもこれも捨て難いが、一番最近読んだ「幽女の如き怨むもの」を挙げておこうかな
忘れちゃいけないのが、貫井徳郎さんの病弱な引き籠もりながら、文武両道の朱芳慶尚
明治維新後辺りの設定、ノスタルジック且つ猟奇的なシリーズ
お気に入りは「鬼流殺生祭」
未だ二作しか書かれていないので、今後の展開が待ち遠しい
また、銘探偵であるメルカトル鮎、彼も素晴らしいな
作者は麻耶雄嵩さん
自ら“名探偵”ではなく“銘探偵”を名乗る所が鼻持ちならない男だけれど、何処か憎めない
「今までの生涯で貴方が読んだ推理小説の中でベストに好きな探偵は誰か」と聞かれたら、現時点では間違い無く彼と言う
「翼ある闇“メルカトル鮎最後の事件”」が絶品
他にも、加藤実秋さんのクラブ・インディゴの面々(「インディゴの夜」等)
赤城毅さんのル・シャスール(「書物奏鳴」等)
石持浅海さんの座間味君(「月の扉」等)
綾辻行人さんの島田潔(「びっくり館の殺人」等)
奥田英朗さんの伊良部一郎(「町長選挙」等)
殊能将之さんの石動戯作(「黒い仏」等)
吉村達也さんの氷室想介(「幻影城の奇術師」等)etc
書き連ねて行けばまだまだ僕好みの探偵は出て来る
敢えて、警察官は外してみた
そこまで網羅するととんでもなく桁外れの人数になるので、今回はこの辺りで
これでも、かなり絞ったつもりだったんだけどね
皆さん、僕とは当然、感性は違うから「絶対」とは言い切らないけど、興味の湧いた人は読んでみると結構、面白いかも知れないよ
| - | - | - | - | - |
351
今年の四月に香川県の琴平に行った時、同行した松竹株式会社の某氏に、僕が大好きな沙藤一樹さんと云う小説家の短編小説「わたしは天使の記憶」を借りたと云う話をしたが
今回また、彼が沙藤さんの「リコシェと振り子」と云う短編小説と「TransparentVacation」と云う長編小説を貸してくれた
この二冊は店頭や電子書籍等では販売されていず、沙藤さんのホームページ内だけで通販されている作品
両方共に楽しく読ませて貰った
僕的には序盤はかなりエッジの利いた書き出しながら、後半は或る意味での“救い”や“許し”に通じる気もする「TransparentVacation」よりも、全体的にモノクローム掛かったアイロニーが漂う「リコシェと振り子」がより好きな感じかな
何にしても、相変わらずハートに爪痕を残す、読み応え有る二作品であった
貸してくれた松竹の某氏にも、この場で改めて礼を言いたい
「オフシーズン」と云うジャック・ケッチャムの小説も名作だと教えてくれたので、Kindleで購入した
近々、読もうと思っている
彼は僕が前に日記で紹介した吉村昭さんの「羆嵐」を読んで「あれは震えが来たので、松緑さんお勧めの本が有ったらまた教えて欲しい」と言ってくれているのだけれど、かなりの読書家だし、大抵の本は読んでいるだろう
最近は僕自身、本を読むペースがかなり落ちているからね
今回はちょっと前の本だけど、船戸与一さんの「龍神町龍神十三番地」だとか、平山夢明さんの「Diner」、麻耶雄嵩さんの「隻眼の少女」、山田風太郎さんの「八犬傳」、それから津本陽さんの「修羅の剣」、「孤狼は空に」辺りを勧めてみようかな
ざっくり分けて怪談系統だったら郷内心瞳さんの「拝み屋郷内」シリーズや田中康弘さんの「山怪“山人が語る不思議な話”」
後は「天使と悪魔」から始まり「ダ・ヴィンチ・コード」に代表されるダン・ブラウンの「ロバート・ラングドン」シリーズも改めて読み直してみると、新たな発見が有って面白い
ブライアン・ラムレイの「タイタス・クロウ・サーガ」、ドナルド・タイスンの「アルハザード」、ロバート・E・ハワードの「黒の碑」と云った所もいいかもね
| - | - | - | - | - |
350
父は1946年10月26日に生まれ1987年3月28日に亡くなった
生まれてから14763日、つまりは40年153日で死んだと云う計算
時間と秒数までは出せなかったけどね
そして、明けて今日、2015年7月8日が僕が生まれてから14763日
40年153日目を迎えた
この日が来るのをずっと待っていた様な
この日が来る前にとっとと早く死んで、負け逃げをしてしまっておきたかった様な
毎日、死の不安と恐怖に苛まれ、怯えながら生きている
さっきまではすすきのの馴染みのクラブで散々馬鹿騒ぎをしていたが、今は女友達が小じんまりとやっているバーで1人、この時間と酒を味わっている
そこの女店主には朝まで付き合って貰うつもりだ
昼にはあまり好きではない飛行機に乗って青森に着く
明日になれば14764日目の人生と云う父の知らなかった世界に突入する
父が見られなかった世界を見て行くのは辛いのだろうか
幸福なのだろうか
正直、残り24時間を切ってもそれが全く想像付かない
何かが気分的に変わるのだろうか
いや、そんなファンタジックな衝撃はきっと無い
どっちにしろ苦悩しながら血を吐きのたうち回りながら這い擦っている自分の姿を瞼の裏に浮かべるのは容易だ
分かり切っている
大体、明日まで自分が生きてるかどうかだって怪しい位だ
乗った飛行機が墜落して、迷惑な事に全てを巻き込んで死に腐るかも知れない
代われる物なら皆さんのお望み通り、今からだって父とこの瞬間、直ぐに代わってやりたい
自分が死んで父が甦るなら、誰より僕がそうしたいんだよ
生きて酸素吸う価値も無い、ただの用無し、能無し、役立たずの屑でしかない
僕みたいに人生を駆け抜けずのうのうと、無駄にダラダラと年だけ重ねたってね
どうなる物でもない
| - | - | - | - | - |
348
なでしこ、連覇ならず今回は残念だったけど、素晴らしかった
此処までの試合、感動させて貰った
| - | - | - | - | - |
344
さっき、群馬県は高崎での公文協東コース・松竹大歌舞伎・四代目中村鴈治郎襲名披露公演の為に上越新幹線に乗っている時に、今月は国立劇場に出演している坂東亀三郎さんからメールが来た
市川團蔵さんが昨日の終演後、国立劇場の階段から落ちて腰を圧迫骨折して、今日から休演だそうな
命に別状は無いとの事で取り敢えずは一安心だが、油断は大敵
見舞いに行きたいのは山々だが、こちらも方々を飛び回っていて、病院に顔を出す時間が無い
兎に角、一刻も早い完治を心から願う
團蔵さん、くれぐれも御大事に
| - | - | - | - | - |
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS