Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
868

先ずは、日本俳優協会のYOUTUBEのチャンネルに我々で撮った御挨拶の動画が上がったみたいだね

はてさて、取り敢えずは色々乗り越えて無事に行ったのは何より

いや、僕個人で山崎咲十郎さんに撮影して貰った動画も存在して

恐らくそれも今週火曜日にアップされる予定なので、観て頂けたらとても嬉しい

ちなみに、先に断っておくけれども

これは日本俳優協会に自分達で製作した動画を渡したのであって

例えば、自分の運営するチャンネルに動画をアップする(あくまでも例えであって、僕が運営しているYOUTUBEのチャンネルが存在すると云う話では無いから、そこは御間違えの無き様に)とかとは意味も主旨も全く違う訳で

それは取りも直さず僕の事を好きではない人、嫌いな人も御覧になられる事が有るかも知れない

勿論、新型コロナウィルス騒ぎのこんな大変な時期に、これで自分自身が利益を得ようとは鐚一考えていない

僕はユーチューバーではないのだから

実際、チャリティー的な意味も込めて、観て喜んで下さる人だけの為に撮影した

なので、幾ら嫌われ者だとしても、先入観のみで判断して欲しくないし

そこから気持ち悪いのに湧いて出られて、兎や角と謂れの無い事を言われるのもこちらとしては不本意になる

また、一億総評論家気取りの今の時代の在り方を自分は良しとせず全否定しているので、評価判定とコメントのシステムは敢えて無効にさせて貰っている

今後も僕がアップさせて貰う動画は恐らくはそうなるだろうね

肝心のどんな内容なのかは、観て楽しんでくれるといいのだけれど、もう少し待っいて貰いたい

さて、イープラス配信の「紀尾井町家話・番外編“紀尾井町夜話”」の話

昨日の四回目は坂東彦三郎さんとベーシストの村井研二郎さんがゲストで、賛否両論有るだろうけれど、個人的には楽しく配信が終わった

ただ、これまでに無い今までの回と違った展開に度肝を抜かれたのも事実

僕自身があんなに冷や冷やさせられるとは

村井さんのテンションは最高だった

今、やっと連絡が取れたんだけれど、配信が終わった直後、村井さんは酔い潰れてリヴィングで倒れたらしく、まだずっと吐きっ放しの様子

後半の記憶は全く無く、アーカイヴ配信で行動を確認する勇気も出ないとの事

奴、酒弱いな

ロッカーの癖に

彦三郎さんにも村井さんにもまた、機会が有れば出て頂きたいね

あんな感じで飲むとやっぱり、生でしっかり逢って盃を重ねたくなる

でも、それは先の話

今はまた、彼等と対面して笑って酒が飲める日が一刻も早く来るのを待ち焦がれている

次回五回目に招くのは、もう皆さん御存知の通り、片岡亀蔵さんと、再びの中村松江さん

実は、片亀さんにゲストの白羽の矢が立った時に、彼の方から「俺の時にはもう一人は松江を呼んでくれ」と、逆リクエストだったのだよ

確かに二人共、自分なんかが及びも付かない程位に映画にも音楽にも詳しいし

若かりし頃、三人とかで一緒に飲んだりしてた時期も長かったからね

これまた、映画や音楽の話以外にもどんな話題が出るのやら

予想が付かない

次回もこれまでと変わらず、飽きず呆れずに応援や質問

また、今後に誰をゲストに呼んで欲しいか等、そちらの方のコメントは心待ちにしている

是非、今週土曜日の「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第五夜”」も見て頂ける様に宜しくお願いする

| - | 13:10 | comments(17) | - | このページのトップへ
867

当人は賢いつもりなのだろう

頭悪いのに

知識が中途半端だと認識が間違いだらけになる

その為に、私情ばかりが挟まって研究どころか碌な意見にすらならない

思い込み、思い付きと言葉の誤用に程度が知れる

だから、よっぽど酔狂な物好き以外は喧嘩の相手もしてくれない

どころか、近付きさえしない

そりゃ、そうだ

危険だからさ

うっかり誤って側に寄り、流れ弾や貰い事故でも万一喰らったら、堪った物ではないからね

自己評価が高過ぎるが故の欲求不満は運悪く遭遇するだけで痛々しくなってしまう

だから、程々の所で口を閉じればいい物を

限度を知らない

弁えない

それ程までに承認欲求が強いのだろう

屈折した自尊心が肥大した、ただの恨み節になってしまう

議論の種にもならないし、真っ当な者は誰も付き合ってくれない

年齢は関係無い

年若であろうが、或る程度の年齢に行っていようが先に希望も無く、現時点でもう、老いさらばえて死んで行くしか決定出来る選択肢が無いその様は

既に可哀想ですらある

何も出来ない無力さから来る自己主張、自己弁護、自己保身は愚痴か僻みか妬みか嫉みか

或いははち切れんばかりに山盛りに膨れ上がってしまい、もう引っ込みも取り返しも付かない所まで来た独断と偏見か

「自分はこんな筈では無かった」と

それともそこに気付いていないのか

気付いていないならば気付いていないで、その能天気さは或る意味、“世界で一番の幸せ者”に転じるだろう

それはそれで御目出度い

もし、気付いているのに現実を見たくなくて気付いていない振りをしているのなら、それが一番不幸で馬鹿だ

そして、一番罪深い

非礼を非礼と思わずにしているのではれば、これまた問題だが

非礼を非礼だと分かっていてしているのであれば、それは慎んだ方がいい

品性、品格の無さを自ら垂れ流しているのと同義だからだ

そんな事をしてどうする

嬉しいのか

何にしても結局の所、今現在のリアルな自分に非常に多大なる不平不満が有るだけだ

それを無関係の他人にぶつけてどうする

言葉にして取り返しが付かなくなる前に

一度、自分の脳内で反芻し繰り返す様に習慣を付けてみたらどうだろう

まるで、飲み屋で酔っ払って演説している中年の様に為人から疑われてしまうからね

「この人は感性が悪い、こう云う下劣な人なだけだ」と、さ

本当は取り巻きから尊敬されたい、憧れられたいのに

一番嫌な「真似したくない」と思われてしまう日も近いよ

デリカシーの無さ

人に対する失礼

真に目を逸らしたいのは自分を取り巻く惨めな環境と自分自身の哀れさだろう

気付けよ

君だ

| - | 15:48 | comments(6) | - | このページのトップへ
866

「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第三夜”」、先程終了

前回の様にスタート時間が遅れる事も無かったし、昨日は皆さんにも今までよりは順調に見て頂けたのではないだろうか

それでも不備が無かった訳では無いみたいだし、これからも色々と改善をして行きたい

ゲストだった中村梅枝さん、中村莟玉さんと楽しく会話が出来た

先程の配信でも言った通り、来月八月からは歌舞伎座の歌舞伎公演が規模は縮小とは言え何とか再開されたり、細々ながらも物事が動き始めつつある事には、まだまだ本調子に戻るには時間が掛かるにしても

それにしても或る程度、少々の安堵はある

ただ、感染者の数が再び膨れ上がって来ているのもまた事実

あまりにも改善が見られなければ、再び緊急事態宣言が出る可能性も有るとの事

「経済が流石に成立しないから」と、見切り発車で無理矢理気味に緊急事態宣言を解除してしまった皺寄せが祟ってしまっている様に感じる

そりゃ、「お願い」とか「要請」とかと云う建前の上に胡座をかきながらも実質、厳しく締め上げていた手綱をいきなり急激に全て甘くしたら、こうなる事は火を見るよりも明らかだった

と、言うか、二週間以上前から予想は付いていたと思うがね

だからこそ、此処で気を許さずに

時間が掛かろうとも新型コロナウィルスを絶滅、皆殺しに追い込む位の憎しみを持った心持ちでケアに臨みたい物だ

一体、前回の緊急事態宣言やら、主旨の良く分からなかった東京アラートやらと云うのは何だったのだろうか

「全く何の意味もなしていなかった」と言っても過言ではない事が証明されてしまった様な物だ

緩んでいる官僚や国会議員、東京都政に携わる者達も

未だ浮かれている馬鹿共も

“我が事、我が利益、我が保身”のみに執心しているのではなく

今一度、日本の国民全ての為に命を投げ出す覚悟で

顔が真っ赤になって窒息する程に兜の緒を締め直して死に物狂いで対処して頂きたいと、切に願っている

そうそう

二日遅れたけれど、先月、僕が良く聴いていた十曲

AmelaKhor「まちがいさがし」

AnnieLennox「IntoTheWest」

BillyBoyd「TheLastGoodBye」

CelticWoman「ISeeFire」

上條恒彦「だれかが風の中で」

河島英五「酒と泪と男と女」

MoyaBrennan「TellMeNow」

NeilFinn「SongOfTheLonelyMountain」

新沼謙治「津軽恋女」

Zabadak「遠い音楽」

敬称略、ABC順

では、また明後日の配信で御逢いしたいと思う

明後日のゲストは坂東彦三郎さんと日本のロック界屈指のベーシストであり、僕の同級生でもあった村井研二郎さん

愛想を尽かさずに是非、次回も楽しみにしていて頂きたい

そして、御二人にどんな事を聞いて欲しいか等のリクエスト、御意見も重ねて募集している

| - | 04:19 | comments(11) | - | このページのトップへ
865

我等が所属する日本俳優協会

何とYOUTUBEのチャンネルを作ったそうな

こんな御時世、こんな状態だから、そうやって外に配信して行くのは、自分は意味の有る案件だと思っている

まだ御覧になられていない方々は見て頂くのもまた一興かと、お願い申し上げる

ただ、それに至るにもなかなか、一悶着も百悶着も有ったらしく、一歩壁の外からのんびり眺めている外様の僕からはその途中で発生している諍いもまた面白かったんだがね

嗚呼、正直言うとぶっちゃけてしまいたい

でも、表向きに出来ない話だから語るまい

立場は心得ておかないと、いつ誰に寝ている間に首を斬り落とされるか分からないからね

いや、それはそれとして

大先輩方も動画を作られたり、用意なさっていたり、既にアップもされている模様

所属させて頂いている身として、何か協力をしなければならないと考え

昨日、自分も動画を撮った

山崎咲十郎さんに撮影して貰い

弟子の尾上松三に協力して貰い

もう一人、相棒の頼もしい力を借りて何とか撮り終えた

昨日、撮った所だから上がるのはまだ先だと思うけれど

賛否は有ると思うけれど、初めての物事に一生懸命、そして楽しく取り組んだ

中には、久々だったのでかなり緊張した物も有る

どの様な動画になるか

編集は全て咲十郎さんに任せたが

上がった暁には是非、御覧になって頂きたい

また、動画アップの日取りが決まったら報告させて頂く

さて、話を変えて一つ報告が

此処からが今日の日記の主題

来月七月四日土曜日に配信予定の「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第四夜”」のゲストが決まった

一人は皆さん待ち詫びていたであろう坂東彦三郎さん

もう一人は、歌舞伎界以外から初のゲスト

日本を代表するベーシストの一人、村井研二郎さん

カリ・ガリや、セックス・マシンガンズ、サイクル他、様々なバンド、主にハードロックバンドで現役活躍をされている方である

尚且つ、僕の中学、高校時代の同級生で、未だに仲良くしている数少ない学生時代からの友達

自分にとっては演出家の西森秀行さんや俳優の鈴木壮麻さん、下村青さん、川本裕之さん、声優の小清水亜美さん達と同じく、ジャンルは違えど志の近い盟友と云うべき認識の存在

彦三郎さんと村井さんも今は仲がいい

と、云うか親友位なんだろうな

僕が紹介して間を取り持った筈なのだが、今では僕を差し置いて貰の彦三郎さんと村井さんの蜜月に多少のジェラシーさえ感じる

その三人でどんな話になるか

自分としても楽しみにしている

皆さんも是非、色々と楽しみにしていて頂けると幸い

勿論、質問やリクエストも今まで同様に御待ちしている

次回からはインターネット回線のパンク等、トラブルが無い様に気を付けたい

イープラスにもくれぐれも頼んでいる

さて、今日はこれから日本舞踊協会のオンライン理事会

と、云う名の椅子取りマウンティングゲーム

こちらも御大方がどんな有意義で建設的な意見をどの様に仰っしゃるやら

これもまた、一歩壁の外に居る白けた僕からしてみれば至極楽しみな限り

最後に

今日は祖父の命日である

| - | 17:36 | comments(10) | - | このページのトップへ
864

「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第二夜”」、何とか終わらせる事だけは出来た

配信が始まってから、こちらサイドは順調に進んだのだが

それでも

スタートするまでに手間取り、視聴して下さる皆さんを随分と待たせて、二十分押し位でのスタートとなってしまった

また、配信中、音声だけは聞こえるけれども、映像が見られなかった方が居たり

途中でシャットダウンして締め出されてしまう方が居たりとか

不手際も複数有った模様

後から自分の耳にも入った

思っていた以上に障害が起きていたみたいだな

御心配を掛けた事

御迷惑を掛けた事

苛々と不快な思いをさせてしまった事

リラックスして配信を見られなかった皆さんにこの場で改めて御詫びを申し上げる

手前味噌で自己弁護やこちら側までが被害者面をするつもりは毛頭無いけれど

折角、地に足が付きつつ、結束も固まりつつある松竹株式会社の有志のスタッフ全員も、手応えを感じ始めていた時だけに、今、悔しさが残っているのは事実だ

彼等、彼女等の「歌舞伎に限らず舞台公演が滞っている今、小さくても何か出来る事を自分達で見付けてやって行こう」と云う志が存在するのを知っていて頂けると彼等、彼女等への大いなる力にも救いにもなる

勿論、自分もそのスタッフ達の気持ちに感銘を受けてこの配信を引き受ける気持ちになったし、一丸となって行ける所まで一蓮托生でやって行く決意

ただ、これは制作サイドの思いなだけで

視聴者の皆さんに負担を掛けた事は間違い無く、言い訳は無い

くどいけれども、重ね重ね申し訳無かった

来月七月一日、再来週水曜日の第三回の配信は斯様な事が無く、時間通りに進行出来る為にイープラス、松竹株式会社ともう一度擦り合わせをしっかりとして、十分な用意をして臨みたいと考えている

さて、肝心の内容の方は

視聴出来た皆さんは楽しんで貰えただろうか

今回も辛うじて失言は無かったと思うし

坂東新悟さん、中村鷹之資さんと、割としっかりした話からくだらない話まで色々と話せたと思う

彼等にもまた機会が有れば御出まし願いたいね

皆さんも同じ時間を共有してくれて、こんな時期のストレス解消の手伝いが少しでも出来たのならば幸い

次回のゲストは中村梅枝さん、中村莟玉さんの二人に決定した

数々のシステム上のトラブルはこの十日の内に解決の為、イープラスが全力を尽くしてくれる筈なので、呆れずに今後もお付き合い頂けると有難い

また、リクエストや質問、御意見等も今後の配信を良くする為に引き続き募集している

是非、お待ちしている

最後に

“生の言葉で語る”と云うのは、なかなか真意を伝えるのが難しくて考えさせられる所が多々有る

殊に自分は言葉を抽象的、且つ、インパクト重視で使うのを好む性癖だから、一層、誤解を招かずに真意を伝えるのをきちんと意識せねば

配信に限った事では無いけれど“言葉の一部分だけを扇情的に切り取られたりして、意図していない方向に話を誘導やら、でっち上げられる”なんて云うのは何度も経験したから

いつだか随分と昔の日記にも書いた通り、何処ぞの出版社のムック誌に無理矢理協力させられた時とかにもそんな羽目に遭ったじゃないか

あの時の編集長やら下請け会社の奴もとんでもない三流以下だったな

その時、その時で一々腹は立つんだけれど、度重なると段々と忘れて行き

そう言えば今、ふと思い出した

経験した事、喉元過ぎて熱さ忘れてはいけないな

何事にも自省、自制は必要だ

| - | 02:26 | comments(22) | - | このページのトップへ
863

今、明かされる衝撃の事実

実は僕は平均体温が高い方な気がする

36度台後半、36.7〜8度位

常に微熱の感じと言ってもいいのかな

だから、頭に血が上り易いのか

それはさて置き

御陰で普段は多少の風邪を引いても、熱には強い方だと云うアドヴァンテージは持っているつもりなのだが

今はちょっと訳が違う

昨今、この新型コロナウィルス騒ぎの所為で病院は勿論の事

割とどんな所に行っても、先ずは入り口で体温を計られる事が多いじゃないか

特に最近は暑くなって来たから、ちょっと歩いてから何処かに入る為に体温を計られると37.5度近くになんて直ぐに到達してしまう

なので、その度に訝しがられるのは結構面倒臭いんだよな

取り敢えず、今の所、自分は新型コロナウィルスには感染していないので、心配して下さっている皆さんには安心して頂きたい

| - | 06:30 | comments(5) | - | このページのトップへ
862

いやはや、かなりマニアック狙いな配信だと云うのに、結構な反応が有りちょっと意外だった

“狭く深く”と云った感じだったのかな

イープラス「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第一夜”」を視聴して下さった方、改めて御礼を申し上げる

取り敢えず、酷い失言は自分的には無かったと思うので、その部分は先ず安堵

公演とは全く違う感じの生なのだが、段々と慣れて行きたい

そして、これからも続けられる限り、信頼出来るスタッフの皆とも心を合わせてニッチな所を攻めて行くマイナーな配信を目指したいと考えている

さて、今週土曜日二十一時からの二回目の配信

ゲストに坂東新悟さん、中村鷹之資さんを迎えてお送りするので、愛想を尽かさずに是非、続けて視聴して頂けると嬉しい

と、お願いばかりをしている所に腰を折る話で大変申し訳無い

早速に謝らなければならない事が有る

三回目の配信の件である

一回目が先週の土曜日、二回目が今週の土曜日と来ると

当然、その次は来週の土曜日とお思いになられるだろう

ところが、僕の微々たる政治力では及びの付かない大人の事情で、三回目の日取りが擦れる事になってしまった

まさに「色男、金と力は無かりけり」と云う所だろうか

と、自虐的な冗談はさて置き

三回目の配信は来月七月一日の水曜日に決定した

二回目と三回目の間、ちょっと待たせてしまう事、この場で御詫びをする

でも、その代わりに四回目の配信はその週の土曜日、即ち七月四日に落ち着いたのも併せて報告させて貰う

つまり、来週の配信は無い分

再来週は水曜日と土曜日の二回に渡って配信と云う事

どうか、それで御容赦願いたい

三回目、四回目のゲストも水面下で決まりつつあるので楽しみにしていて欲しい

それはまた次の機会にお知らせする

その後は当分、毎週土曜日に配信のペースで行ける筈

自分やゲストに来てくれる予定の人が事件やスキャンダルで逮捕、若しくは活動自粛に追い込まれない限りはね

兎にも角にも

今日は先ず、御詫びと報告まで

引き続き、質問や御意見もコメント欄に募集しているのでお待ちしている

どんどん送って頂きたい

追伸

中村松江さんと坂東亀蔵さん再登板のリクエストもお待ちしている

いや、リクエストが無くてもまたちょくちょく登場して貰うけれどね

| - | 05:08 | comments(12) | - | このページのトップへ
861

しかし、あの写真が媒体にこんなに出回るとはな

「舞台とは真逆の家感満載の写真にして欲しい」と云う松竹株式会社の要請だったから敢えてそうして部屋着で撮ったんだけど

流石にもうちょっと余所行きの格好にしておけば良かったか

コカ・コーラボトラーズジャパンさんから「宣伝になった」と只今中毒気味な位に愛飲している檸檬堂をケースで差し入れして頂いた事は嬉しかったけどね

コカ・コーラボトラーズジャパンさん、この場を借りて御礼を申し上げる

忝ない

さて、最終的な打ち合わせが終わって、後は今日の「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第一夜”」の開始を待つばかりだ

来週第二回のゲストは坂東新悟さんと中村鷹之資さんに決まった

この二人にも何を聞いて欲しいかとか、今日これから始まる回の感想とかをコメント欄に書き込んで貰えたら非常に助かる

第三回は時間の調整が取れずに再来週土曜日の二十一時からではなく、日が前後してしまう可能性が高いのだけれど

必ず再来週中に配信はするので、続けて視聴しようと思って下さっている方はそれも楽しみにして頂きたい

では兎に角、これから始まる「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第一夜”」

喜んで貰えたら嬉しい

生の放送の上、酒が入る訳だからな

失言しない様に気を付けねば

| - | 20:47 | comments(18) | - | このページのトップへ
860

はてさて、イープラスからの番組「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第一夜”」の配信もいよいよ今週末の晩に迫って来て、打ち合わせも進んでいる

とは云え、あまり予定調和になってしまっても面白くないので、それ程深く話し込んだ訳では無いけれどね

その時の流れと酒に任せて、台本無しのフランクなトークをして行きたいと思っている

一回目のゲストは中村松江さんと坂東亀蔵さんと決まっているけれど

観て下さる皆さんには前回の日記でも書いた様に、我々がいつも通り飲みながらくだらない事を話しているのを、飲み会に参加しているつもりで時間を過ごして頂きたいと思う

そして、観て下さる皆さんに一つお願いが有る

「彼等にこんな事を聞いて欲しい」とか「こんな質問が有るので答えて欲しい」なんて云うリクエストが有ればこの日記のコメント欄にでも送って貰えると嬉しい

幾つかは番組内で取り上げるかも知れないし、盛り上がる要素の一つになると思うので

そう云う意味では視聴して下さる方も参加している気分になれる配信を目指して行きたい

実は、僕達がこんな柄にも無い事を始めようとしている事が歌舞伎役者や関係者達の中で密かに少々話題になったみたいで、内輪でも興味を持っている人が結構居るらしい

そんな話がちらほら僕の耳に入って来る様になった

緊張する反面、有難い

もし、先輩方とかが内緒で切符とか買って視聴していたらと思うと、それはそれで非常におっかない

自分自身、割とオールラウンドに攻撃的な口を所持しているタイプだからね

でも、気にしてしまうと、言いたい事も言えなくなって通り一遍の詰まらない番組になってしまう可能性が有るので、此処の部分は全く考えない事にしよう

作るサイドはかなり一体感が出て来た気がしていて

何と、既に二回目、三回目の配信とゲストも決まりつつある

正式に始まる前からの予想外に多い反応とスピーディーな動きに感謝するよ

近々、その辺りも発表出来ると思うので、楽しみにしていて欲しい

では、改めて様々なリクエストの件等々、くれぐれも宜しくお願い申し上げる

| - | 16:13 | comments(28) | - | このページのトップへ
859

前回の日記で少し触れた話

今日、公開してもいいと云う事になったのでちょっと告知をさせて頂く

舞台に出る事に比すれば些細な事なんだけれどね

実は僕は歌舞伎座の木挽町広場と云う所で定期的にトークショー的な物をしている

松竹株式会社との相談の下

それの番外編的な番組として今月十三日の二十一時から生配信をさせて貰う事になった

タイトルは「紀尾井町夜話・番外編“紀尾井町家話・第一夜”」

僕と松竹株式会社の戸部和久さんが二人のゲストを呼んで、それぞれがZOOMで繋がり、あまり深刻にならない話題の会話をして時間を過ごす

製作は松竹株式会社、ZOOM

告知は歌舞伎美人とイープラスのサイト

イープラスのサイト≪Streaming+≫より配信

お客さんにはそこで切符を購入して観て頂くシステムになっていて、発売は今日の午前十時との事

僕はインターネットのルールとかは全く分からないから、二千円と云う料金が妥当なのか

どう云う風に買ってどう配信するのか

また、自分があまり好意的に 取っていず、観る事も殆ど無いYouTubeと一体何が違うのか、深い所は存じないのだが

兎に角、そんな感じで放送するらしい

こんな時期だから、今までして来た事とは全く別の挑戦をしてみるのも、或る意味有りだと思う

夜の時間なので我々は皆、酒を飲みながら進行して行くから、皆さんも飲み会にでも参加しているつもりで是非、観てやって欲しい

砕けた緩い雰囲気で進行して行けたらいいね

時間は六十分〜七十分を予定している

でも、厳密に決まっていないから、興が乗れば話が止まらなくなって延びてしまうかも

もし、皆さんの反応が良く、喜んで貰えたら、毎週一回とかのペースで配信して行く事も考えているので、その為にも応援して貰えるととても嬉しい

そして、ゲストの二人は初回は僕の例の飲み友達で決めたのだけれど

今後は僕の意見として、毎週の配信が実現したら、TV等に出演して皆さんが割と良く顔を観れている歌舞伎役者の人達よりも

最近、ファンの方々にあまり顔を出せていない、まさに歌舞伎を主戦場にしている人達

これは歌舞伎役者ばかりでなく演奏家や、その他の仲間達の方を優先的に誘いたいと考えている

また、新型コロナウィルス騒ぎの間だけと云う訳では無くて、リクエストが多ければ、歌舞伎が通常の興行形態に戻った後も、ペースは落とすにしても続けて行きたい

「誰を呼んで欲しい」とかのリクエストもコメント欄等に送ってくれると有難いし

これを読んでいる仲間や後輩達で「自分出たい」、「我こそは」と言う人が居れば、立候補してくれるのも心強いな

歌舞伎関係者に限らずね

実現する為にも何卒、皆さんの御贔屓を宜しくお願いしたい

| - | 09:02 | comments(37) | - | このページのトップへ