<< 501 | main | 503 >>
502
今日はまさに赤穂浪士四十七士の討ち入りの日だな
その日に敵方の高家(吉良)側の用心棒を演じていると云うのも何ぞの因縁か
「仮名手本忠臣蔵」では今月、僕が演じている小林平八郎は立廻りの場面にしか現れない為、どの文献や資料を調べても、どう云う肚で女物の着物をかぶって登場するのかは殆ど記されていない
ましてや、史実上の上杉家臣、小林平八郎央通とは年齢から立ち位置、全てに於いて変わっているので、史実を基本にする事も難しい
「仮名手本忠臣蔵」中の小林平八郎は、吉良家もう一人の剣豪、清水一学とのミックスでキャラクターが想像されたと考えるのがいい
だから、自分の今までの歌舞伎の経験と想像力、そして「自分だったらどうするか」を思いながら、一番肚に落ち、納得出来る気持ちと結論を練り出すしかない訳だ
今月のプログラムに僕は、あの格好をしているのは「逃げようとしているのではなく、養子先(史実で言う所の上杉家)等へ救援の要請に向かうつもりだったのだろう」と、推察した
稽古から初日に掛けてそのつもりで勤めて来た
だが、演っている内に日に日に考えが変わって行った
はっきり言ってあの討ち入りは、討ち入られた時点で勝敗は決している
小林平八郎程の腕に覚え有る達人がそれを察せぬ筈は無い
だったら、彼は一発逆転の博打を打とうとしたのでは
つまりは大将首、大星由良之助良兼
悟られぬ様に女の着物で大星由良之助に近付き、生命を奪えば残党の士気は落ち、討ち入りは瓦解するのではないか
それを狙ったのではないか
大星由良之助を狙い探している内に他の浪士に正体を明かされ、その後はただ武人の本能として闘いを楽しんだ後、己の死ぬべき所で納得して死んで行ったのではないか
そうでないと最後に、突き出された槍を自ら腹に抉り立てる道理に辿り着かない気がするのだ
僕の中では今、その考えが一番、しっくり来る
今は毎日、そう云う肚で小林平八郎を演じている
これから観て下さるお客さんには、そう思って観て欲しいと思う
そして、僕がそう思って演じている事をあの五分前後の短くも激しい闘いの中で、お客さんに少しでも伝えられていれば本望である
| - | - | - | - | - |