<< 513 | main | 515 >>
514
今日はさっきまで、久々に学生時代の数少ない仲の良かった友達
僕の主治医、工場の専務、一流企業戦士
その三人と、数年振りに酒を酌み交わしていた訳だが
お互いに皆、人生の浮き沈み、紆余曲折を味わっていたんだな
憎しんでいた者やら、覚えてもいない者やらと、生き長らえていようが野垂れ死んでいようが全くどうでも良く興味が無い大半の同級生の人々を省いて、友達だからこその温かい絆を感じた
僕がチョイスした中華料理屋さんも皆、大いに気に入って満足してくれた様だ
それも嬉しいね
兎も角、今晩の三人との友情と酒と飯は、素晴らしく心に沁みる味わい深い物であった
| - | - | - | - | - |