<< 562 | main | 565 >>
563
今日は神奈川芸術劇場のホールに劇団四季の「オペラ座の怪人」を観に行って来た
久し振りだったからとても楽しみにしていたら、予想通り実にいい物を観せて貰った
相変わらず、オープニングのシャンデリアが吊られて行く場面からゾクゾクと興奮させてくれるよ
ファントム役は村俊英さん
最近の村さんと云うと、自分の中では「キャッツ」のアスパラガス、グロールタイガーのイメージが強かった
しかし、随分前に僕がまだ尾上辰之助を名乗っていた折の名古屋公演、毎日の様に観狂っていた頃のファントムが村さんだったから、回数としては一番、彼のを観ているんだと思う
そんな手慣れた方だから、安定感と上手さ、そして懐かしさで、胸が一杯になって心地良く観る事が出来た
個人的には「お久し振り」と云う感じ
ちなみに村さんとは名古屋で一度、お逢いしているんだけれど、確か、成田屋さん、十二代目市川團十郎の叔父さんの御弟子さんである市川新蔵さんと同じ大学だか、同級生と云う話を聞いたよ
クリスティーヌ・ダーエは苫田亜沙子さん
彼女は「ウィキッド」のグリンダ・アップランドをされているのを観た事が有る
その時も歌に圧倒されたが、今日の彼女のクリスティーヌはグリンダに勝るとも劣らぬ素晴らしさだったと思う
僕が何人か拝見した歴代の名クリスティーヌと遜色無いのではないかな
他にもカルロッタ・ジュディチェルリを演じた辻奈々さんの迫力有る歌声を始め、ムッシュ・アンドレ、ムッシュ・フィルマン、ウバルト・ピアンジ、マダム・ジリー、メグ・ジリーと
素敵な役者さんの皆さんに感動を与えて貰った
うん、「オペラ座の怪人」は
いや、「オペラ座の怪人」に限らず、素晴らしいミュージカル
そして、素晴らしい芝居は何回観ても感動を与えてくれるし、決して飽きさせる事が無いね
及ばないまでも、僕も「そう云う舞台だった」と、お客さんに思って貰える様に毎日を演じなければいけないな
今月は休みではあるけれど、色々な意味でいい刺激を貰い、改めていい勉強もさせて貰った一日だった
さて、明後日は一回目の人間ドックでPETに入らなければ
| - | - | - | - | - |