<< 587 | main | 589 >>
588
誤解を恐れずに言えば、自分は望まれない子だった
家族にではないよ
家族はそれはそれは愛してくれた
こんな駄目な僕をね
“出来の悪い子程可愛い”とは本当だな
いや、それとも、もっと出来のいい可愛い気の有る子だったら、もっと愛してくれたのかな
全く遺伝子の混じっていない様に笑ってしまう程鐚一似通っていない孫を、全く遺伝子の混じっていない様に笑ってしまう程鐚一似通っていない息子を許して欲しい
毎日、毎時、毎分、毎秒、心の中で血の涙を流し、血を吐きつつ嗚咽し、謝罪しながら生きている
祖父の権勢がそれはそれは想像を絶する物であったればこそ、人間の隠れた裏の心と云う物は醜い
祖父や父に表立って逆らえない苛立ちを吐き出せない分を所謂“忌み子”と内心に思っていた人間も多いと聞いた、後に
そう、父の姉と云う、血の繋がった叔母を始めとする身内にさえも
結局は身内にこそ、か
僕もだが、特に母が何故だかその叔母に憎まれていた
それ故に、有りもせぬ事を吹聴され数の力で理不尽に貶められ屈辱的な時期を送った事も有り、息子として実に不本意且つ腹立たしく、また、止める事すら出来なかった不甲斐無さを今になっても済まなく思う
気付かずに甘受していた当時の僕の、幼かっただけでは済まされない傲慢さと鈍感
それ等はまた一つの“原罪”と呼べるのではないだろうか
業が深いのは人の事は言えないか
今の自分のまま、あの頃に戻れるなら、或る意味、帝王であった祖父にさえ一言、孫として忠告したい
そして、全盛と薄幸の狭間に揺れ動く青年歌舞伎役者であった父を殴り飛ばし、その手から酒瓶と薬を取り上げ
あの何も知らず無垢だからこそ罪深い幼児の首を捻り切って終わりにしたい
そして、現在
望まれていないのは、それは大人になった今もあまり変わっていないのだろう
だが、多少
多少だけは違って来たのかな
割合として
例えば百万に対して一
それだけでも、僕が生きている事に対して喜んでくれる人が居るのだったら有難く思う様に感じる気持ちを最近は持てる人間になり始めた
遅かったけれど
だから、もうちょっとだけ
もうちょっとだけ、生きては行けるかも知れない気がする
頼りにならないなりに、先に逝って待っている色々な人の分の荷物も非力ながらも少しは肩に背負って
本当は分かっている
人間、死んだらその先はただの腐って行くだけの肉の塊
天国も地獄も死後の世界なんて有りゃしない
待っちゃくれていない
知っているよ
それでも
無神論者の僕でも何かを信じ(ようと思っ)ていないと、こんな糞っ垂れた世界なんてあまりにも寂し過ぎる
やる瀬無さ過ぎる
それから、僕が生きている事に歯噛みをしている九十九万九千九百九十九の人間に苦虫を噛み潰して頂く為に
それに対して一の喜んでくれる人間の為に
そう、僕が今、存在している事で不快に感じる人間が居るのであれば、その人間達にもっと不快に思わせる為に
また、逆に、幸福に思ってくれる人間が居るのであれば、その人間達にもっと幸福に思って貰う為に
もうしばらくは生きてみようと思う
蛇蝎の如く憎んでいる全ての者達に対しては徹底して汚物たろう
でも、愛してくれる全ての方達の前でだけは、良き人間で在りたいと、これでも心から願っているんだよ
| - | - | - | - | - |