<< 593 | main | 595 >>
594
「面白き事も無き世を面白く」なんてね
しかし、ひょっとしたら、今、死ぬのはまだ早く、勿体無いのではないかな
今はまだ死にたくないのかも知れない
大事な所で僕にはまだやり残している事が幾つか有る
それにはポジティヴな意味もネガティヴな意味も、両方が有る
最近の人生に於いて、ポジティヴな意味を得られたのは本当に有難いし幸福な事だ
だが、僕の本質的な部分
本性と言ってもいいだろう
ネガティヴな部分も最近、再び色濃く沸々と煮えて来ている
久しく抑えていた都井睦雄へ対する同意の念が近頃、また物凄い勢いで自分の中で増幅している
親しくなく、懇意でない分際で無遠慮に他人の人生に厚かましくも泥に塗れたままの足を踏み入れて来る輩は魂身全て灰塵に帰したい
つまりは皆殺しにしたいと云う事だ
気持ちは分からなくはない
物騒で非人道であり大変に恐縮だが、そこには全て個人なりの整然とした道理が有る
此処で明かさないけどね
親しくなく、懇意でない分際で無遠慮に他人の人生に厚かましくも泥に塗れたままの足を踏み入れて来る輩には分からない、決して理解出来ない、許せる範疇ではない事も百も承知
したが、その意識せぬが故の、より一段と最上級に罪深い存在、行為、呼吸の一つ一つすらが、都井睦雄や僕には言語道断に許せないのだろうな
断じて英雄視はしない
憧れも尊敬も無い
至極一般的で平凡な人間であるから
一般的で平凡な人間であると云う事は誰にだってあの様になり得る可能性は有るのだ
勿論、僕にも
そして、貴方にも
だからこそ真実、彼と逢って語ってみたかった
勿論、僕の方は今の所は一応、犯罪者ではないので我慢は出来ているが
我慢如何に依っては都井睦雄みたいになることもやぶさかではない時が来るのかも知れない
決して、その時が来ない事を祈っている
訳では無い
その時が来るなら来たで全く構わない
自分自身の中の内なる怒りと衝動は受け入れるしか仕方が無い
生まれて来たくもなけれども、人間に生まれて来てしまった以上、受けて立つのも止むを得ない
| - | - | - | - | - |