<< 627 | main | 631 >>
629
今日は公演の昼夜の間にやっと、去年の十二月に悪くして以来、二ヶ月ちょっと、ずっと痛みが引かなかった左膝を診て貰いに病院に行けた
レントゲン写真を撮って貰った診断結果は「伸びが悪くなっていて固まり掛けている」との事
それ位なら、自分のケアで何とかなりそうだ
ただ「左右共に膝の骨が一部分薄くなっている」と云うのは少々、心配ではある
が、これはもう、どうしようも無い事だし、今の所は影響は出ていない様だから、捨て置いて良かろう
しかして、出して貰ったのは痛み止めと湿布だけ
あの病院、まさか藪なんじゃなかろうな
いや、藪じゃない事を願おう
取り敢えず、骨折やら、筋に甚大な異常は無くて良かった
あくまでも、診察と診断結果が確かな物であるのなら、ね
ちなみに、今、楽屋に戻って来て、中村歌昇さんと坂東八重之さん、我が弟子、尾上松悟との世間話で「あの病院に行った」と言ったら
三人共に口を揃えて「あの病院は藪で有名だから、行っちゃいけない」と、強い口調で窘められた
元尾上松男の藤間涼太朗は「僕はあの病院で診られてから具合いが悪くなり、他の病院に入院した」と言っていた
また、床山の女の子には「あそこは盲腸をお腹の風邪って言った病院だから、是非、別の病院を」とも言われた
嗚呼、やっぱりか
来週二月十八日に国立劇場大劇場の第六十一回日本舞踊協会公演の長唄「太刀盗人」、二月二十六日の歌舞伎座、「延寿會」の清元「四季三葉草」
引き続いて来月の歌舞伎座、三月大歌舞伎の先代中村雀右衛門の叔父さんの七回忌追善狂言、常磐津・長唄「男女道成寺」と、動く演目が続くし、しばらくは自分で注意しつつ、痛み止めとのお付き合いが続く感じだな
| - | - | - | - | - |