<< 656 | main | 658 >>
657
何だろう
四、五日前から、朝起きても疲れが抜け難くなって来ているみたいだ
突如、降って湧いた貰い事故で頭を煩わせる難題も勃発してしまったし
こちらはただ、頼まれただけだったのにな
それも原因の一つだろうか
昨日、今日は舞台上で一昨日みたいな大ミスはせず、取り敢えずはペースを取り戻す事は出来たけれど
やっぱりまだ、体力回復し辛くなっている気がする
いや、一昨日は僕らしくもない落とし穴に陥ってしまった
近頃、書き物は多く演って来ていた筈なのに
あんなのは初めてか
初めてではなかったにしても、数十年、十数年振りではなかったろうか
少なくとも、自分の記憶には無い
中村雀右衛門の兄さん、中村芝翫の兄さんがフォローして拾ってくれた御陰で、客席は笑いに包まれて、一先ず事無きを得たが
両兄さんには御礼を言っても言い尽くせない
また、御詫びをしてもし足りない
中村児太郎さんにも昨日、二人で会話のやり取りをする場面の時から「確かにいつものお兄さんの芝居のペースじゃなかった」と言われた
相手役の後輩が感じる位、自分でも気付かぬ内に既に何かの階段を踏み外し掛けていた様だ
自分自身としては、笑い事じゃなかった
頭の中が真っ白になって冷や汗が止まらなかったし、取り乱したし、一瞬、大袈裟ではなく本気で「知らぬ間に若年性の認知症を発症していて、それが進行してしまっていたのではないか」とか「脳梗塞ではないか」とかを疑って、怖くなってしまった
ほら、良く脳梗塞って「言葉が出て来なくなる」って言うじゃない
一昨晩から昨日の朝に掛けては、あの場面の繰り返す夢を見てうなされもした
それ程の大エラーだった
痛めている左足も未だ本調子に戻っていない感覚だ
何だかんだ言っても、八ヶ月間連続で舞台に出ているし、無意識に身体に疲労が溜まって経年劣化気味になっているのか
今月もまだ半分近く残ってるのに
こんなのじゃ、先が思いやられるな
メンテナンスと適度の休養ってのは必要なのかも知れないね
身体が疲れ切るとどうしても睡眠時間を欲して七時間とか寝てしまうのだけれども
そうすると翌日、逆に身体が重くなり、起きられなくて良くない
寝過ぎか
いいのは五時間程度、深く眠りに落ちられた時
これが翌日が一番楽
確かにちょっと睡眠が足りない気はするんだけど、自分的には覚醒出来るし、此処がベスト
自分の身体を巧く乗りこなせてる感じがする
睡眠時間の調整、難しい
兎に角、千穐楽まで残り十一日間
スタミナ切れしない様にペース配分をしながら、その日その日の集中力を切らさず、全力投球して行くのみだ
来月は一ヶ月の公演には出演しない予定だから、人間ドックに行こう
そして、確かに少々、身体よりも先ずは気を休めたいかな
| - | - | - | - | - |