尾上松緑、藤間勘右衞門の日記

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 658 | TOP | 661 >>

2018.07.01 Sunday

660

今月は僕は歌舞伎興行の出演は無し
そう云う意味では去年十月以来の休み月
今日は昼中に仕事を済ませて、十数年振りに新宿の末廣亭へ
成人過ぎてからは初めてかもな
末廣亭は当日券のみなんだけれども、中入りを過ぎ、段々と客席が大入になって行く中、僕等は夜の部の開演に滑り込めたので何とかいい所に陣取って座れた
有難や
一番の目的は初の生神田松之丞さん
演し物は我々、歌舞伎役者にも縁の有る源氏の侍、那須与一の扇の的の物語
いや、素晴らしい語り口だった
パワーとテクニックに興奮した
今日は仙台での独演会の後に、東京にとって返して末廣亭での一席と云う話だったが
その疲れも有るだろうに、微塵も感じさせない体力と持久力、心の折れない技術力たるや
やっぱり、華と実を兼ね備えた名人だな
TVやDVD、CD等で体験するのとはまた、全く違う
僕も及ばずながら、久し振りに長唄・義太夫「素襖落」を演りたくなった
是非、今度は独演会に行きたい
でも、全然、切符取れないんだよな
今月は末廣亭への彼の出演は十日までだから、それまでにもう一度二度、行ければいいな
落語は笑福亭竹三さん、昔々亭桃之助さん、笑福亭べ瓶さん、東生亭世樂さん、春風亭昇乃進さん、立川談幸さん、春風亭柳好さん
講談は松之丞さん、神田鯉栄さん、神田松鯉さん
漫才はWモアモア、宮田陽・昇
漫談、ナオユキさん
曲ごま、やなぎ南玉さん
俗曲、桧山うめ吉さん
と、出演
楽しく盛り沢山で満喫出来た
松鯉さんの演し物は怪談「乳房榎」だっただけに、面白いだけじゃなく、ひたすら勉強になった
鯉栄さんの宮本武蔵vs狼と、鯉栄さんvs飼い犬の結果、非常に気になる
Wモアモアと宮田陽・昇、二組の漫才とナオユキさんの漫談は、ヴェテランの媚びない、寄席ならではの堪らない臨場感
曲ごま、南玉さん、痺れるね
「寄席には硬派な達人、職人達が集うんだな」と、改めて思い知った
皆さん、格好良かったし、楽しかったし、文句無しにいい物を観させて貰った一日だった
やっぱり、生は違うね、生は
今はその余韻に浸りながら、末廣亭の近くで飲んでいる
さて、深酒しても、帰ったら犬達の散歩に行かなくては

21:28 | - | - | - |

▲top