<< 666 | main | 668 >>
667
昨日も新宿の末廣亭に行って、夜の部を観て来た
一番の目的は鏡味仙三郎社中の大神楽
去年、少しばかり手解きをして下さった、鏡味仙三郎先生の舞台だ
その時にお手伝いして頂いた息子さんの鏡味仙志郎さんと、御弟子さんの鏡味仙成さんも出演されていたので、丁度いい機会で御三人さんを拝見出来て良かったよ
大神楽で今までに観た事の無い技を沢山、観られて有難かった
いや、当たり前とは言え、やっぱりプロは凄いな
興奮してしまった
不肖の弟子としては、御挨拶に伺おうかとも考えたんだけれども、複数で行った事も有り、邪魔になるといけないから昨日の所は遠慮した
落語は前座の古今亭まめ菊さんから、三遊亭歌る多さん、柳亭こみちさんと女流落語家さん
男性は春風亭朝之助さん、柳家三語桜さん、三遊亭白鳥さん、柳家左竜さん、林家しん平さん、春風亭一蔵さん、三遊亭歌之介さん、春風亭一之輔さん、春風亭一朝さんと、新作、古典と織り混ぜて多種多彩な演目に笑わせて頂いた
どれもこれも面白かった
特に、名前だけは存じ上げていて、今まで観るタイミングを逸していた歌る多さん、一之輔さん、一朝さんを体験出来た事も大きな収穫だったね
他には奇術の伊藤夢葉さん、紙切りの林家楽一さん、音楽パフォーマンスののだゆきさん、漫才は笑組
楽しんだり、喜んだり、驚いたり
目移りして、全く飽きない一時だったよ
今月は三回、末廣亭に行ったが、なかなか、こんなに通える機会はあまり無いだろう
いい体験をさせて貰ったし、以前の日記にも書いた通り、やっぱり、生はいい
映像には残らない臨場感と緊張感、そして、一期一会のシニカルさが有る
自分もこれからは、もっと生と云う物を大切にして行きたいと思った
行けば行く度に勉強させて貰える、それが寄席かもな
これからも時間が出来たら、何処かの寄席は観に行きたい
楽しい時間を過ごした後は、清元雄二朗さんと待ち合わせして、寿司を食べた後、ついさっきまで飲んで帰って来た
こちらも大いに盛り上がったな
さて、犬達の散歩してからシャワーだけ浴びたら、軽く仮眠を取って、今日は朝から仕事をしなければ
| - | - | - | - | - |