尾上松緑、藤間勘右衞門の日記

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 680 | TOP | 682 >>

2018.09.11 Tuesday

681

先ず、セリーナ・ウィリアムズが行儀良くない

手前の不出来を棚に上げての八つ当たりが発端でありながら、全てが終わった後に、あんな茶番のなし崩し的な後出しじゃん拳のスピーチでヒーローを気取り、自分だけ美味しい所取りの責任逃れとは、卑怯の程も大概に酷過ぎると云う物だ

だったら、黙ってろ

気不味くても、何か言いたくても黙って、殺気立った異常な事態を招いた愚かな己の責任をきっちりと取れ

そして、上からの目線ではなく、第一に彼女が自分のヒステリーと暴挙を謝るべきだ

ふざけろよ

また、そのコーチも、審判も

何より全米女子オープンテニスを観戦に来ていた客も

皆、行儀が悪い

ただ、それだけだ

気持ち悪い事、この上無い

何処の国にも居るのだ

勿論、この日本にも

「ホームなら、集団なら、大勢側なら、何をしても許される」と、頭が悪い分際で頭がいいと勘違いをしている、驕った無礼な輩

大っ嫌いだ

そう云う者達には“何かを観る”、“応援する”と云う資格は無い

これは、僕はそう断言する

そして、元々、ヴィーナス、セリーナのウィリアムズ姉妹は、遥か昔の全盛期の頃から、試合で感情を必要以上に露わにし、威嚇し

「闘争心が全面に出ている」とかって云う綺麗事では済まない振る舞いが多々有った

因って、態度も行儀も至極、悪かった

どれだけ強くても、そう云う選手だからこそまた、嫌いだった


15:00 | - | - | - |

▲top