Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
<< 817 | main | 819 >>
818

先月、歌舞伎座で演じていた役の一つ

「神霊矢口渡」の船頭頓兵衛

割と以前から興味有る役の一つではあった

市川左團次の兄さんに稽古して頂いたんだけれども

凄く丁寧に呼吸使いまで教えて下さって新たな勉強になった

その呼吸は今月の公演でも応用させて貰っている

左團次の兄さんには本当に御恩ばかりだ

感謝している

頓兵衛の様なあの手の極悪非道な爺さんは演っていて実に楽しい

これからも機会が有ればチャレンジして行きたい

話は変わるが

キングコングの西野亮廣さんがCMで言っているよね

「お前が居ていいんだ」

「お前が必要なんだ」

「認めて貰う事が一番の幸福」みたいな事

西野さんはCMの台本で、台詞として言ってるだけかも知れないけれど、僕はあの言葉、凄く共感する

でも、あの言葉に捕らわれ過ぎて、何のCMだったかは全く覚えていない

兎角、癇に障る話しか教えてくれず、要らない人間、都合のいい人間と侮られ、困った時、退っ引きならなくなった時にだけ「お前が必要なんだ」等と、調子のいい事を言われて

体良く御利用し易い僕からしてみると、至極、身に詰まされる

山本舞香さんはドラマ上で「生きて行くのは我慢ばかり、でも、生きてさえいればきっといい事が有る」的な事を言っていたが

柄にもなく、たまにはそんな前向きな言葉にすがってみたくもなるのは、気持ちが弱っているからの証拠なのだろうな

「自分の信念だけは裏切るな」

そう、中原丈雄さんが台詞の中で言っていた

信頼していない人間の言葉は謝りであれ肯定であれ、信頼していないだけに信用出来ないし

信用しない

何も響かない

僕には必要の無い人間達だ

何処まで舐めて

何処まで虚仮にするつもりか

表向きだけ平常心みたいな面して応対するのみだ

| - | 17:14 | - | - | このページのトップへ