Profile
Search this site.
アクセス数
アクセスカウンター
MOBILE
qrcode
Others
<< 850 | main | 852 >>
851

久し振りに映画「英雄〜Hero〜」を観た

やっぱり、この映画は何度観てもいいわ

何度観ても飽きさせない

今回もストーリーは分かり切っているのに相も変わらず泣けた

中村松江さんと坂東亀蔵さんには「いい作品だけれど、あの映画に泣く要素有るか」と聞かれるけれど

これとジェラルド・バトラー主演の「300」の二つは或る意味、同じ要素で僕の心の琴線には直球ストライクで嵌まってしまったのだよ

クライヴ・オーウェン主演の方の「kingArthur」もその枠では次点に入るかな

ちなみに「kingArthur」では、クライヴ・オーウェンのアーサー王、従う円卓の騎士達は須く皆、高潔であるのだが

ランスロット役のヨアン・グリフィズとトリスタン役のマッツ・ミケルセンが群を抜いていい男に描かれている

そして、敵のサクソン人達もキャラクターの造形がいいのである

一番腹が立つのはローマ人共

音楽も「PiratesOfCaribbean」のハンス・ジマーだから悪かろう筈が無い

話がずれてしまった

時を戻そう

兎角、「英雄〜Hero〜」は、武侠好きの僕の中でも頭一つ抜きん出た名作だ

映像は勿論、度肝を抜かれる程に美しいし曲もいい

間の取り方や決まり決まり、演出等、ひょっとしたら歌舞伎及び日本舞踊にも通ずる物が有るのではないかと自分なりには考えている

何より主演のジェット・リーを始めとして、ドニー・イェン、トニー・レオン、チェン・ダオミン、マギー・チャン、チャン・ツィイーと、出演しているメインキャストが全て余す事無く素晴らしい

物語の中の登場人物と完璧なまでにシンクロして観える

中でも僕が特に格好いいと思うのは長空役のドニー・イェンと秦王後の秦始皇帝役のチェン・ダオミン

秦王の独白の場面と無名のラストシーンではいつも感動してしまう

武侠映画だけあって、アクション満載で最初から最期までクライマックス

しかも、中弛みが全く無い

山崎咲十郎さんに何度も「この映画をモデルにした立廻りを作ってくれ」とせがんでは、何度も「そんな不可能な我儘言ってくれるな」と叱られる位

それでも、いつかはこれに近い作品を歌舞伎に持って来れないかと、密かに目論んでいる

トニー・レオン演じる残剣もひたすら素敵なんだが、終始ずっと超絶二枚目なので、僕の柄ではないかな

やっぱり、その折には殊、アクション担当の長空で僕のキャスティングは願いたい物だ

これは是非、皆さんにも観て頂きたい作品

後悔はさせない筈

他にも僕がこよなく愛するジェット・リー主演の映画では

「RomeoMustDie」、「BlackDiamond」、「DannyTheDog」、「KissOfTheDragon」、「RogueAssassin」、「TheOne」辺りがお勧め

武侠物では「墨攻」、「三国之見龍卸甲」、「七剣〜SevenSword〜」、「lovers」と云った所かな

是非に

| - | 03:42 | comments(7) | - | このページのトップへ
トニーレオンとマギーチャン、私も大好きです!
ウォン・カーワイ監督の作品が大好きで、香港のロケ地にも行ったほどです。

Heroは見たか忘れてしまいました。見直してみますね。
| red rose | 2020/05/12 12:51 AM |
白玉あんみつさんもお勧めの『楽園の瑕』、私も推します。武侠映画としてはアクションが少なく、ひたすらすれ違い続ける展開を歯痒く思われるかもですが、洗練された映像美、綺羅星のような香港トップスターの競演、いちいち心に刺さる名言の数々など、もし未見でしたら是非。オリジナル版はアート寄りで若干難解ですが、別編集バージョンの『楽園の瑕 終極版』の方は話がまとまっていて見やすいです。
もし歌舞伎でキャスティングするなら松緑さんには、トニー・レオン扮する「盲目の剣士」を勤めていただきたいです!
ドニー・イェン主演『イップ・マン 完結』のGW公開がコロナの影響で延期になってがっかりしていたところです。ブログで沢山武侠映画をご紹介いただいたので『HERO』、『グリーンディスティニー』なども久しぶりに見返してみようと思いました。
| iris | 2020/05/08 1:22 AM |
これまで、松緑さんのおすすめの
音楽、映画、本

何ひとつ被らなかったのですが、
「英雄〜Hero〜」「lovers」
で初めて被りました。

白玉あんみつさんと同じく
トニー・レオン目当てですが・・・
(「lovers」は金城武)

チャン・イーモウ繋がりでも
あるかと

チェン・ダオミンは
「インファナル・アフェア」の印象が強めです。

香港映画が観たくなってきました。
アンソニー・ウォンとか、

因みにジェット・リーは友人のご主人(日本人)が
(顔が)激似なのでなんとなく避けています。

「英雄〜Hero〜」の
「終始ずっと超絶二枚目」のお役を是非!


| qutakiii | 2020/05/07 10:27 PM |
松緑さんの新作アクション歌舞伎ですって!?!?
夢が広がります!是非実現希望!
| うるりっひ | 2020/05/07 4:09 PM |
『HERO』はDVDを持っています。香港映画好きでトニー・レオンの大ファンだったもので。『LOVERS』も『墨攻』も面白かったですね。
ジェット・リーがハリウッド進出してからの映画はが「ロミオ・マスト・ダイ』しか見ていなかったのですが、これから見てみようと思います。
あと、泣ける武侠もの(アクション少なめですが)としては『楽園の瑕』が好きです。
新作武侠歌舞伎いいですね!ぜひ見いてみたいです。咲十郎さんお願いします!
| 白玉あんみつ | 2020/05/07 1:46 PM |
ジェット・リー格好いいですよね!咲十郎さんに頑張っていただいて新作歌舞伎が誕生したら、全力で拝見させていただきます!!
| めろの | 2020/05/07 1:06 PM |
「英雄〜Hero〜」を見たことがないので、ひとまずYouTubeで予告編を見てきました。
絹糸のようなスッと洗練された動きと華を併せ持った立廻りで息を呑みました。
松緑さんならできると思います。
いつか舞台で観ることができれば…!
| たこぼう | 2020/05/07 7:22 AM |
コメントする